玉ねぎは比較的安価で手に入りやすく、台所に常備されている野菜の1つだというご家庭も少なくないでしょう。
料理のレシピもなかなか豊富ですが、せっかくですから、調理の時間短縮ができるようなレパートリーも欲しいところです。
ここでは、その一例として、スープ系の料理レシピを2つご紹介していきます。

全部使います!まるごとオニオンスープ!

どうせなら、玉ねぎをまるごと使った一品はいかがでしょうか?
“まるごと”なので、もちろん皮も活かします。

《材料》※2人分
玉ねぎ2個/ベーコン2~3枚(or挽き肉50~100g)/コンソメ/塩コショウ/水200cc
1.玉ねぎの皮を剥き、上下の部分を切り落とします。
2.皮をしっかりキレイに洗います。
3.皮を水に入れて5分、弱火で煮出してください。
4.ベーコンを1~1.5cm幅程度に切ります。(挽き肉の場合はそのまま使ってください)
5.皿に材料をすべて入れ、ラップをし、レンジでチンしてでき上がりです。
(出力600wでだいたい8~9分程度が目安です。様子を見つつ仕上げてください)

このまるごとスープは、皮の部分の栄養も余すことなく使うようにしています。
ちなみに、1~3の工程は、「皮茶」を作る方法でもありますので、このまま“お茶”として飲んでもOKです。

ちょい足しで彩り勝負のオニオンスープ

市販のオニオンスープに、まるごとコンソメスープで作った皮茶(工程の1~3)を、応用したものです。

《材料》※2人分
オニオンスープ(粉末)2人分/冷凍ミックスベジタブル適量/ベーコン1枚/皮茶(オニオンスープの分量に従う)
1.ミックスベジタブルを解凍してください。
2.ベーコンを0.5~1cm幅に切ります。
3.ミックスベジタブルとベーコンを合わせて炒めます。
4.皿に、オニオンスープの粉末と温めた皮茶を入れてかき混ぜます。
5.4に3を足してでき上がりです。

ここでは、手間をかけないことを前提に「市販のオニオンスープ」としましたが、もちろん手作りしたものでもOKです。
また、お好みで、パンととろけるチーズを乗せてレンジでチンしてもいいですし、ベーコンのかわりにハムや挽き肉でも大丈夫です。ほうれん草など緑黄色野菜を足してもいいでしょう。
いろいろ応用が利きますので、ぜひ試してみてください。

以上、玉ねぎのスープで一品!調理の時短レシピをご紹介!…でした。