居酒屋でも見かける、お酒のおつまみとしては定番のメニュー「オニオンスライス(玉ねぎのサラダ)」。
玉ねぎという素材を味わうにはもってこいの食べ方です。
ポン酢をかけて食べるのがよくある定番ですが、ここではちょっと“ひと手間”の味わい方もご紹介していきます。

オニオンスライスに「醤油+???」

オニオンスライスに醤油をかける……こちらも美味しい定番ですが、ここにもう1つ2つ食材を組み合わせると、また違った味わいになります。

海苔
海苔を適当な大きさにちぎり、醤油をかけるだけ。
醤油と海苔のコンボは、旨さの定番です。

削り節+卵の黄身
量の目安としては、お茶碗1杯分を目安に、卵1個分の黄身が適量ですが、この辺はお好みでどうぞ。

残った卵の白身がもったいないというときは、メレンゲにしてオニオンスープ(市販のものでOK)の上からふんわり乗せて(お好みでとろけるチーズも乗せて)、レンジでチンする使い方はいかがでしょうか。
見た目にもオシャレな一品が出来上がります。

シーチキン
オニオンスライスの上に適量を乗せてください。一緒にシーチキンオイルも入れると、ドレッシング風味になって美味しくいただけます。
細かく刻んだ青じそや青ネギを加えても、緑色が映えて彩りよくなります。

オニオンスライスに「手作りドレッシング」

めんつゆドレッシング
使う「めんつゆ」は市販のもので充分ですが、少し凝るのなら「醤油・みりん・酒・削り節・昆布」で作ってみましょう。
削り節と昆布で出汁をとり、その中に醤油・みりん・酒を入れます。

めんつゆを準備したら、「ゴマ油・酢」を足します。
割合としては「めんつゆ6:ゴマ油1:酢1」くらいですが、めんつゆの味を前面に引き出したい、ゴマ油の風味が多めに欲しい等、お好みがあれば適宜調整してください。
お好みで、すり胡麻か炒り胡麻を足してもいいでしょう。

フレンチドレッシング
市販されているものでも充分ですが、手作りしたいときは「オリーブ油(orサラダ油)10:酢(or白ワインビネガー)5:砂糖2:塩コショウ適量」の割合で合わせて、よくかき混ぜます。
また、これをベースに、マヨネーズを入れたり、味噌を入れたり、ちょい足しのアレンジ次第で、いろいろな味のオニオンスライスが楽しめます。

以上、オニオンスライスに“ひと手間”でいろいろな味わい方!…でした。